サイズを気にしよう!メンズサンダルの選び方

サイズを気にしよう!メンズサンダルの選び方

メンズサンダルを選ぶ時はサイズ選びも重要です。
大きすぎるサンダルは歩きにくく、小さすぎるサンダルは足が痛くなってしまいます。
自分にとってのベストサイズを正確に把握しておくのが賢いサイズの選び方です。

 

まず自分の足のサイズを正確に測ってみましょう。
実際に足を計ったことがある人は案外すくないもの。
この機会に一度計り直しをしてみるのもいいですね。

 

計り方は、メジャーを使います。
そして裸足の状態でかかとからつま先までを計ります。
足の一番長いところを計るのが正しい計り方です。

 

「自分の足のサイズは知っているから計らなくても良いや」って方。
実は裸足の状態と、靴下を履いた状態ではワンサイズ違いがあるのをご存じでしょうか。
いつも履いている靴のサイズを選ぶときと、裸足で履くサンダルのサイズを選ぶときは基準が変わってきます。
是非一度裸足の状態の足のサイズを気にしてみてください。

 

そして、メンズサンダルのサイズは足の実際の大きさに+0.5〜1cmがベストチョイス。
足のサイズぴったりのサイズだと、遊びの幅が無くなり、擦れて痛くなってしまうことがあります。

 

その他にも、足の横幅であったり、厚さであったり大きさの選び方は色々とありますが、そればっかりは履いてみないとなんとも言えません。
ひとそれぞれ足の形は違うので、そこはどうしようもありませんが、サイズを選ぶときの考え方は以上で十分です。
自分のサイズに合ったメンズサンダルで夏を楽しみましょう。