メンズサンダルのサイズの選び方はどうすればいい

メンズサンダルのサイズの選び方はどうすればいい

「メンズサンダルでもサイズを気にしましょう」
夏の定番サンダルですが、一般の靴屋さんやスーパーで売っているサンダルにはS/M/Lぐらいの大雑把なサイズ分けしかしていないものが殆どです。つまり靴の様に5mmきざみの細かなサイズ分けをしていないので、ピッタリくるものを選ぶのも難しい事があります。それではきっと足元が決まらないのではありませんか?そこで考えたいのがメンズサインダルのサイズの選び方です。まず自分の足のサイズを正確に測ります。測り方は巻尺・メジャーを使い、裸足の状態で、中指の頭からかかとの際までを測ります。つまり一番出張った両端のサイズを正確に測るのです。靴は靴下をはきますから、その分大きなサイズになっているので、かならず裸足の状態の足のサイズでミリ単位まで測ってください。最近のメンズサンダルは1cm単位でのサイズバリエーションを用意しています。このぐらいであれば何とかサイズを併せていく事ができるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

「+0.5〜1cmが選ぶ時の基準です」
そこでサイズの選び方ですが、大きすぎるサンダルはブカブカして歩きにくくなります。また反対に小さすぎるとつま先が痛くなったり、はみ出たかかとが地面について汚れたり、バランス自体が悪いために歩き方が変になって、足を痛めやすいというデメリットがあります。先の26.7mmの足を例にとって説明して見ますと、メンズサンダルのサイズを選ぶ時は、基本的に実際の足の大きさに0.5〜1cmをプラスして選ぶのがベストチョイスとされています。ですから26.7mmの方でしたら、27cmか28cmあたりがちょうど良いでしょう。逆に26cmのサンダルでは歩きにくいかもしれません。ただし、デザインによってはピッタリに履いた方が決まる場合もありますし、メーカーによってサイズの取り方が違う場合もありますので、その辺は実際に履いて確かめてみる事も必要でしょう。そこでチョイスの基本は、履いた時の足の遊び幅を多少意識する事です。特に足の甲のサポート部分が自分の足の横幅や厚みに合っているかどうかを確かめてください。ピッタリすぎると擦れて靴擦れの原因にもなりますし、疲れやすいというデメリットがあります。またソールの面積が十分かどうかも大事です。ソールが大き過ぎてはみ出していると格好が悪いですし、部分的に狭くなっていても歩きにくい事があります。足の裏のホールド具合も気にすると良いでしょう。これもメーカーごとでデザインや機能が違います。しっくりとくるものを選ぶものコツです。

 

スポンサードリンク

 

 

「昔流行った小さめサンダルのデメリットとは」
ひと昔前に男性が女性物の小さなつっかけサンダルを履くのが流行しました。これは特にヤンキー系の男性が好んだファッションですが、実際に歩きにくい事はなはだしく、まともに走る事ができない人もいたのです。つまりサンダルが小さいという事は機能性の面で問題があるという事になります。例えばスポーツサンダルでは、ほんの1cmサイズが小さくなっただけでソールのグリップ性能が落ちてしまい、スポーツをするのに邪魔になります。また最近は合成ゴムのクロックスが流行りですが、つま先から足の甲まですっぽりとカバーされる為にキツメのモノだと摩れてしまい、水膨れの原因にもなります。つまり、ほんの少し遊びの出るサイズを選ぶのがベストなのです。もちろん明らかに緩いサイズはNGですのでご注意ください。それから、鼻緒タイプのメンズサンダルの場合も同様に、小さすぎると親指と人差し指の間が詰まってしまい、なんとも履きにくいものです。それでも我慢して履いていれば、指の間や指の付け根の当たる部分が痛くなる事もあります。もちろんソールの面積が小さいので、足の裏と地面とのグリップ性が悪くなり歩きにくいだけでなく、変な歩き方の癖を付けてしまう危険もあります。それに見た目も決して格好の良いモノではありません。この様にいわゆるビーチサンダルのタイプでは、サイズが小さいものは極力避けた方が良いでしょう。

 

「自分に合うかどうかを試着してみましょう」
最後にもう一点、オシャレに履きこなしたいイタリア製の皮のメンズサンダルなどは、わざとピッタリ目か小さ目を選ぶ傾向があります。特に皮サンダルは、履いているうちに伸びる性質があるためにわざとそうしている人が多いでしょう。もちろんちゃんとなめした皮を使ったサンダルであれば、この理論は通用します。ですが不完全ななめし皮では反対に縮んでしまうので要注意です。それからデザイン性を重視したメンズサンダルにはスリムなシルエットのモノがあって、横幅の広い方には歩きにくい場合もあります。そういった意味で、必ずしも流行のサンダルを選んで安易に格好を付けようとするのは考え物です。特にネット通販で輸入物を購入する際は、後悔する原因にもなります。できれば試着をして、合うか合わないかを判断する機会を持つ様におすすめします。買うのはそれからでも遅くはありません。

 

スポンサードリンク